スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ibusアンインストールしてfcitx-mozcインストル

sudo apt-get remove ibus
sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc fcitx-libs-qt5 fcitx-frontend-qt5
sudo apt-get install mozc-server mozc-utils-gui


イップットメソッド設定、または
image
言語サポートで Fcitx を選択します。または端末で

im-config -n fcitx

でも良いです。これを行ってログアウト→ログイン
(または再起動)します。
全角/半角キーの変化がアイコンで分かるようになります。
Mozc 起動の場合は Mozc の表示もあります。

派生向けに少し追記しておきます。

Ubuntu GNOME などの GNOME Shell 環境では
13.10 に引き続き、iBus でも「あ」「A」という表示が
上の部分で表示されます。
Fcitx にする場合はエクステンションが必要になるので、
公式派生でいうと Ubuntu GNOME に限っては
iBus が無難かもしれません。
Linux Mint 等の一部非公式は qt の代わりに gtk で
fcitx を動作するようになります。

sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc fcitx-frontend-gtk2 fcitx-frontend-gtk3 fcitx-ui-classic fcitx-config-gtk mozc-utils-gui

KDE の環境では独自のパッケージ読み込みになります。



sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc fcitx-frontend-gtk2 fcitx-frontend-gtk3 fcitx-frontend-qt4 fcitx-frontend-qt5 fcitx-ui-classic kde-config-fcitx mozc-utils-gui


数日前から iBus にバグが発見された影響で、
Xubuntu では iBus が外されてリリースされています。
この対策として、いくや さんがメタパッケージを公開しています。

Xubuntu 14.04向けのIBusとFcitxをインストールするメタパッケージ | いくやの斬鉄日記

Ubuntu Studio も削除されているようです。
バグ報告には Lubuntu も名前がでていましたが、
Lubuntu には iBus が含まれた状態でリリースされています。文字色
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uyoyoto226

Author:uyoyoto226
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。